仕事における緊急事態と感情について

社会では原則的に感情は出してはいけない 私は発達障害を持っており,理不尽なことを要求された際に怒りを表明してはいけないということを学ぶのに27年かかった(その例外を次の年に見た)。基本的に仕事の連絡では,感情を出さないで事務的な態度で連絡,交渉…

障害が辛いのでそろそろ社会人人生は終わりか

健康保険組合の傷病手当金の申請の際に、どうやらかなり重い病状であるらしいという扱いを受けてから、自分の障害の辛さに気づいてしまい、そのことばかりを考えている。 発達障害及びPTSDは様々な症状の出方があるが、私の場合人の言うことを文字通り受け止…

そもそもなんでUI/UXを変えるのかについて

hatebu.me blog.onpu-tamago.net 面白い話題で、お二方とも知り合いなので私も議論に参加したい。風邪を引いて復帰中の駄文なのでそのあたりはご容赦を。 prerequesties ↑を両方読んで下さい。 abstract 新しい技術なり概念なり使い方が現れてきたならUI/UX…

俺がフレンズになれなかった理由

長く書いてもしかたがないのでささっと済ませる。 けものフレンズの優しい世界観 「けものフレンズ」は、最初の2話に至るまでのあらゆる下馬評を覆して2017年をトップスピードで駆け抜けていき、そしてその世界は未だに広がっている。その主な原因として挙げ…

「わずか6問で成人期ADHD患者を発見」について

medical-tribune.co.jp 論文を入手し、当該部分を訳しました。意訳です。医師が使うための基準なので、医師でない方が自分の参考にするのは悪くないと思いますが、他人に対して運用すると良くない結果を招くと思います。また、私は医師ではなく、この基準に…

リモートワークについて

はてなブックマークなどで「リモートワーク」に関する記事をいくつか読んでいるのだが、私の会社で数年間実践されていることとどうも合わないので、いろいろ書き留めておく。 Acknowledgements 以下に書かれていることは一つの特殊事例であり、読者の環境や…

SAO 劇場版の地理空間情報的な見どころ

話の本筋のネタバレはないと思います.シン・ゴジラを見る際に行政学をやっていると思うところがあるよねーという程度の話をします.観たあとに読んでも,観る前に読んでも知見はあると思います.ただし一般には観てない人は観てからの方が良いと思います. …

さよなら Mac

Mac を捨て、 Thinkpad に移行しようとしている。おそらく完全にさよならするわけではない。しかし、フェードアウトしていくのだろう。 Thinkpad と私 高校時代、初めてバイトの給料で買ったのが中古の Thinkpad 535X だった。当時から Thinkpad へのあこが…

メモ:組織→協力→脱協力的生産に向けて

自分の将来的な身の振り方について少しは考えなければならないのだが,そのための仕組みから考えなければならないのが実情である. 私は生来の障害もあり,同じ場所にずっといることができない.具体的には定時を守ることができず,守れたとしても同じ人とず…

プロダクト提供者とユーザーコミュニティの関係について

昨日,ある謝罪文書がXamarinコミュニティの主宰によって提示された. ytabuchi.hatenablog.com 私はこの文書を素晴らしい対応だと感じ,それゆえにXamarinコミュニティは長期的には良い形で続くだろうと考えている.しかし,コミュニティは脆弱ゆえそうとも…

障害とできることと足手まといについて

障害者になりました ある人の持つ医学的に理解された特性が,社会において問題となる時,その人は障害者であると言うことができると思う.相当に素朴な定義であるが. その意味では,私は「発達障害」と診断されながらも,実際に障害者となったのはここ最近…

「よくわかる人工知能」書評

id:shi3zさんの「よくわかる人工知能」を購入して読んだ. よくわかる人工知能 最先端の人だけが知っているディープラーニングのひみつ 作者: 清水亮 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/10/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 本…

俺のレールと人生について

「レール」という言葉をきっかけに男たちが人生について語っている. 大学院在学中にレールに乗ったまま起業した話 - chokudaiのブログ 本の虫: レールに沿わない人生を送っていたら、未だにレールに乗れていない人間のお話 俺もちょうど人生の節目が来てい…

技術者について

明日が技術者としての最後の仕事になるかもしれないので,ここで私が知った技術者というものについて書く. 技術者は,少なくとも現在存在しないものを作る.このため,最初の段階では作る道筋すらない場合もあれば,試行錯誤を繰り返しても条件を満たすもの…

「〜は死ぬべき」に対抗するのは「〜は生きていて良い」ではないと思う

今回の虐殺事件は,様々な点で人間の心をえぐり出すものだったと思う. 私もいくつか思うところはあり,なんとか抑えていたところもあるが,いくつかの記事を読んでこれは看過できぬと思い記事を書くことにした. zen-iku.jp zen-iku.jp d.hatena.ne.jp これ…

発達障害として育っていくことについて

以下は体験に基づくものであり,何ら裏付けはないものなので単に書き留めておく. はてなブックマークの新着エントリを追っていると,それなりの頻度で「ママブログ」「子育てブログ」に遭遇することがある.その中で子の発達障害をテーマにしたものが,目に…

孤独と再度出会うことについて

孤独がまたやってきた.とはいえ自分の交流の下手さから出てきた孤独ではなく,やっていく中で必然的に現れてくる孤独である. 社会人と博士課程の二足のわらじを始めて一年になる.ここ1年は協調に重点を置いていた年だった. 会社においては基本的に人とで…

理系コンプレックスと呼んでいるものについて

dlit.hatenablog.com この記事の内容には totally agree で,文系理系という言葉を使って立ち位置を決めようとすると,現代の学際化した環境ではグッチョングッチョンになります. ずっと前から「理系コンプレックス」と呼んでいるものがある.2007年に情報…

中学受験について

b-zone-salariedman.hatenablog.com なかなか出てこない話題なので興味深かった.俺は10歳で母親と夜逃げしてきた時,中野の四谷大塚(中野校は本校)の入塾テストを受け,一番上のクラスに行った.それ以来,母親は自分がてんかんの発症により大学進学を諦め…

ギークハウスから消えていった人々について

ギークハウス Advent Calendar 2015 15日目 俺は下手だと思う.人に馴染むことも自分に馴染むこともできなかった.誰かと協調して何かをして楽しむことはあっても,誰かといることそのものには厳しさを感じる.様々なコミュニティを転々としていたが,居着く…

この世界への関心を諦めない人に博士課程はオススメ

この記事は博士課程 Advent Calendar 2015 の1日目のエントリです.参加したい人はどうぞ. Abstract 面白い研究はやめられないから,社会人だろうがなんだろうが博士課程行くしかないっしょ.その間の苦労や,その後のことはしらんがね… 自己紹介 今年の4月…

圧倒的な人間についていくことについて

私がどうやっても到達できない次元に,1年で到達できる人間はいる.その上でどう生きるか. 何年も気にかけていたことがある.前の記事で書いた事例なのだが,2006年に失恋した際に,もはや自分には認知すらできない次元で恋愛という戦いが行われていたと感…

理系単科大学生の恋愛遍歴について

togetter.com 懐かしいですね.私は電通大でしたが,いろいろ頑張った結果全然だめでした.後学のために過去を振り返ってまとめます.辛いので短めに.一瞬で終わったのは除きます. (1)同じ学科の女性 同じ学科同士の仲良しオタクグループみたいなところに…

minghai 氏の訳に対する態度について

ついでなので. minghai 氏の訳についての takeda25 氏の主張 minghai氏版はですます調で一見親しみやすく、中身が腐っていることがすぐにはわかりません。 については完全に同意している. 基本的に, takeda25 氏の主張がいかにまずいかについては,ブログ…

takeda25 氏の論調が気に食わない理由について

個人的な意見をまとめた.まず, SICPを訳し直したことについては素晴らしいことである. 駄目な訳を批判し,さらには攻撃することには問題はない. 駄目な訳を「公式な場」で「完成品」として出すべきではない. しかし, ブログや github において,完全に…

全く駄目な成果物と人格否定について

エンジニアをやりながら大学院博士課程に入学し,半年が過ぎた.現在初めての学会発表に備えている(実際には2011年にAcceptされた発表があったのだが,当日非常に嫌な予感がしてベッドから出られなかった.発表しなかったことを悔いていたら尋常ならざる地震…

パーソナルな連絡をする能力がなく人生が詰んだことについて

30になって人生が詰んできた。いろいろ理由をつけることはできるのだが、解決できる問題まで先延ばしにしてしまうほど追い詰められている何かがあるとしたら、それに正面から向き合うしかないだろう。 私は、人と個人対個人の連絡をすることができない。手紙…

はてなブログでのいろいろな人々の存在について

お互いに見える距離で言い合ってるのなら、お互いを見えないようにするとか時代の流れだとか言う前に色々やることがあるでしょう。 ということで、今日ははてなブログに新たな「Facebookノリの陣営」がいるという「古参」の感覚について話をします。 事の発…

貧乏人が大学に行く意義について

政府文書の要約とかをやっていると,自分でものを書くのが快適で困る. anond.hatelabo.jp anond.hatelabo.jp ここらで話題になっている,貧乏人が大学に行くべきかどうか,もしくは行くとしたらどうやっていったらいいかという点について,まあ単に私の事例…

子孫を残せず絶滅していく現代のネアンデルタール人「劣人」

最近30になったこともあり,周囲で結婚の話ばかりが行われていて,そういったものとは全く縁のない私は非常につらい気持ちになる.私は本当に彼らと同じなのだろうか.このまま事が進めば,私という人間や,他の似たような仲間は,皆子孫を残せないで死に,…