読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KADOKAWA・DWANGOについて

取り急ぎ合併おめでとうございます。

さて、みなさんはこの怪文書を覚えているだろうか。

News×News : XBOXの歴史

これはニコニコ動画が軌道に乗ってきたくらいの時期に書かれたもので、ドワンゴ関係者などから否定されてはいるものの、一定の真実を含んでいるのではないか、と言われているものだ。

この最初の

SEGAMicrosoftNECが次世代機Dreamcast2の開発を始める

の段階で出落ちで大爆笑したものだが、このすぐ先に貴重な記述がある。 

・中山派だったSEGADreamcast開発チームもクビ → 中山一派は角川と共同でジブリ映画をゲーム化する会社を設立 → ジブリ映画のゲーム化はみごと頓挫

 ↓

MicrosoftDreamcast開発チーム「通称:ドワンゴ」を売却 → たらい回し → 着メロで一発当てる → ニコニコ動画

 角川、ジブリというドワンゴ(というか川上量生氏)を取り巻く現在の重要なキーワードが、最初期から既に出ていることがわかる。つまり、SEGAMicrosoftの周辺の界隈が、今の合併という結実の源流にあるのではないか。

 UEIの清水亮氏は、

ドワンゴと角川の経営統合はなぜ実現したか - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

 でドワンゴと角川取締役の佐藤氏との最初期からの関係について言及している。そもそも、小規模なスタートアップ(orスピンアウトした会社)は、最初期の人脈に非常に左右される。単なる類推ではあるが、Dreamcast界隈で角川との関係があったなら、その関係で監査役を担当した可能性はある。

 つまり、結論から言うと、KADOKAWADWANGODreamcastの巨大な落とし子ではないか。そして、その遺伝子は必然的に本来の方向、即ちDreamcast2の可能性を開くだろう。

 そして、もう一つの夢がある。ニコニコ動画の初期の人気を牽引した重要なコンテンツとして、「アイドルマスター」がある。これはナムコの製品であるが、後にバンダイと合併してバンダイナムコとして巨大なメディア展開が行われている。これもバンダイの遺伝子に引き寄せられた形である。なぜそう言えるか。それについては、この単語を思い出せばわかるだろう。

 セガバンダイ

付記:NECはどうなったか

 SEGAMicrosoftについては既に述べたが、NECについては主にGPU(PowerVR2)の提供を行っていた。PowerVRは紆余曲折を経た上で(NECも撤退したんだっけか)AppleiPhoneに採用され5億台近いデバイスに採用されている。まあ大成功と言っていいんじゃないか。