読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日見た夢

どうも疲れていて、ずっと寝ていた。これからいろいろやる。

こんな夢を見ていた。

 友人グループで旅館に行ったらRPGっぽい剣と魔法の世界になってしまい、帰るルートなども変わってしまった(+相当な一本道)ので、どうにかすることになった。旅館は普通に営業しているので、やっていく気持ちがある人はサクサク敵を倒しながら先に進んでいき、気持ちがなかったりなくなったら旅館でだらだらするという感じで過ごしていた。

 だんだん世界の全容が明らかになってきて、世界地図的なものや、海底神殿などの所在も明らかになった。そして、キーアイテム的なもの(曖昧)がこの世界を支配していることに気づいた。そのキーアイテムは火、水、土、風の4つの精霊が持っており、取りに行くことになった。3つはそろったのだが、水に関しては居場所がわからなかった。そこで、今まで割りと旅館でだらだらしていた組の俺が「今までの3つがここにいたってことは位置的に海底神殿じゃないですかね」と言って、言い出しっぺなので仕方なく行くことになった。

 水の精霊をどうにかしたら(曖昧)、キーアイテムをもらったのだが、ここで恐ろしい事実に気づいた。これまでアイテムの個数は自然数で与えられていたのだが,今度のキーアイテムは関数だったのだ.よく調べてみたらアイテムの個数も順序数で与えられていており,この世界の法則を我々は十分に理解していなかったことに気づいた.また,今の推論規則では順序数で与えられているキーアイテムに関数を適用すると何が起こるかわからないので,これはまずいということになり,新しい推論規則を探すことになったのである.